TOPICS

7/30 Sat - 8/30 Tue

第38回写真の町東川賞受賞作家作品展

■写真の町東川賞とは
北海道東川町は国際的な交流と写真文化を通じ、世界に開かれた自然と文化が調和する活力と潤いに満ちた街づくりを目指して1985年6月1日に、全国で初めて「写真の町」を宣言。同時に国際写真賞となる「写真の町東川賞」を制定しました。
国内外で活動し、これからの時代をつくっていく写真作品(作家)に対し、毎年5つの部門で賞を贈呈しています。
本年度は合計169名の作家より5賞を選ぶ審査が行われました。

■受賞作家作品展の特長
毎夏、東川町国際写真フェスティバルに合わせて開催される「写真の町東川賞受賞作家作品展」。
この展示作業は、教育と交流の一環として、全国から募集する写真を学ぶ大学生・専門学校生のボランティア(通称:フォトフェスタふれんず)が東川町に長期滞在し、受賞作家たちとコミュニケーションを取りながら作り上げられています。

国内外で活躍する作家たちと、フォトフェスタふれんずたちが総力を結集する展示です。
写真の町東川町らしい取り組みの一環として、また道内で見られるのは大変貴重な作品と規模感で展開される写真展ですので、ぜひとも足をお運びください。

【開催概要】
第38回写真の町東川賞 受賞作家作品展
会 期:7月30日(土)~8月30日(火)※会期中無休
時 間:10:00~17:00(7月30日は15:00~21:00)
料 金:100円(7月30日、31日は無料開放/中学生以下無料)
■東川町国際写真フェスティバル公式サイト

<同時開催>
写真インディペンデンス展(第4展示室)

■2022年第38回写真の町東川賞 受賞作家紹介
海外作家賞・・・・・ハ・ダオ(ベトナム)
国内作家賞・・・・・鷹野隆大
新人作家賞・・・・・笹岡啓子
特別作家賞・・・・・エレナ・トゥタッチコワ
飛彈野数右衛門賞・・宮崎 学

■第38回写真の町東川賞審査会委員(敬称略/五十音順)
安 珠 (写真家)
上野 修(写真評論家) 
神山亮子(学芸員、戦後日本美術史)
北野 謙(写真家)
倉石信乃(詩人、写真批評)
柴崎友香(小説家)
丹羽晴美(学芸員、写真論)
原 耕一(デザイナー)
一覧をみる